2010/12/24 (金)

やっぱり白くなっています

Filed under: blog — kyorai @ 8:39:16

s-DSCN6986朝8時-1度曇り。恐る恐るカーテンを開けて見ると、薄っすら雪化粧のホワイトクリスマスイブです。台ヶ峰は麓まで真っ白になっていて、今朝方の音は電線の雪が落ちた物だった様です。いい天気も3日と続かず、とうとう雪とのお付き合いが始まりました。写真は、昨日の赤沢です。朝日で霜が融けて水蒸気が立ち込める中に、融けた霜が雨の様に落ちていました。もう一枚は、いつもの場所の虹です。晴れた日はここで虹を見る事が楽しみになっているのです。今度は雪で真白になった中の虹も見て見たいですね。s-DSCN7008

2 Comments »

  1. 大阪も寒くなってきました。小学校一年生の女の子が「ステンドグラスの作り方がわかった!」と熱く語ってくれました。彼女曰く「洗面器に水を入れてきれいな葉っぱや花を浮かべて外に出しておけば、朝になったらキラキラのステンドグラスができている」そうです。上松では毎朝彼女の願いは叶うのでしょうが(おじさんのブログでもありましたよね)大阪では・・・。明日の夜からは冷え込むようなので、無理とは思いますがやってみましょう。今日、出先の公園に大きなカラマツの木があり、風が強かったのでカラマツの葉が光りながら雨のように降ってきて、その光景がすごくきれいでした。立ち止まって見ていると、合唱曲「落葉松」のきれいなメロディが浮かんできました。♪落葉松の秋の雨に私の手が濡れる ♪落葉松の秋の雨に私の心が濡れる という歌詞なのですが、おじさんのイメージの中にある「落葉松の秋の雨」ってどんな光景ですか?おじさんに聞いてみたくなりました。G夫婦の妻でした。

    コメント by 大阪のG夫婦 — 2010/12/24 (金) @ 23:23:04

  2. まだ、カラ松が落葉している事に驚かされます。こっちでは一か月も前の事ですから。「カラマツ林と秋雨」は必ず霧が出て、カラ松がぼんやり浮かび上がる感じで、ドンヨリ曇った所に・・・かな。冬は落葉したカラマツ林に雪が降ると、見事な景色になります。今度見掛けたら忘れず載せますから。田舎の子供が、冬に氷で遊ぶのかな?寒い事が先ですからね。

    コメント by kyorai — 2010/12/25 (土) @ 8:31:10

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment



(c) 2005-2015 去来荘