2020/06/18 (木)

水と風の音だけ

Filed under: blog — kyorai @ 6:39:39

朝6時 16.8度 曇り(上松)。赤沢 11.9度。少し肌寒い、上松の朝です。日中も夏日になって、毎日暑さとの戦いをしていますが、赤沢は相変わらず涼しい様で、昨日でも23度止まりと、暑さ知らずの一等地になっています。写真は、赤沢川です。此処も相変わらずエメラルドグリーの色の流れで、一つも文句が出ない場所です。もう一枚は、公園内の赤沢川です。公園に到着すると右側に吊り橋が見え、「いらっしゃい」と迎えてくれています。最近は夕方6時頃出掛けるのですが、半袖のTシャツでは公園内は寒くて、車の窓を閉めています。川の流れと風の流れる音しか聞こえない、ほんと心癒される場所です。今日の日捲りは「逃がした魚は大きい」です。

2 Comments »

  1. 苔の美しい森に行きたくてガイドをお願いしました前回のコメツガやブナの多い森より少し標高の高いシラビソやトウヒの多い森でした満目の岩や樹木の上の方までモスグリーンの苔に被われて川の流れに沿った光りの帯が川面に拡散して木漏れ日が射光し苔がキラキラと輝いて足下が露玉の宝石箱みたい、美しい苔の回りはムラサキヤシオやオオカメノキやコヨウラクツツジ足下にはイワカガミやマイズルソウが多くの群落をつくって時々イチヨウランやコフタバラン水辺付近はオオバミゾホウズキやコケイランやノビネチドリ、ガイドが[ 川にイワナ よ]と聞いて去来荘のトロトロのイワナの天ぷらと絶品の刺身の話をしました、

    コメント by 中村 — 2020/06/18 (木) @ 7:39:15

  2. サンカヨウがまだ咲いていた雨上がりで花びらがガラス細工のように透明になっていたずいぶん前に見たが改めて半端ない美しさスケルトンフラワーでサハリンから日本の大山や中部の山地以北の特別な花で実は甘く食用になるとガイドの説明

    コメント by 中村 — 2020/06/18 (木) @ 7:59:55

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment



(c) 2005-2015 去来荘