2019/02/12 (火)

そろそろ仕事の準備を

朝7時 -2.4度 晴れ(あげまつ)。赤沢-10.4度。赤沢は氷点下も二桁になっていて、結構な冷え込みになっています。二月ももう半ばになっていて、そろそろ仕事の準備をしないといけないのですが、まだ他人の仕事の様な感じで生活をしています。今年の営業日の悩みは、4月27日が土曜日になっていて、その日から大連休になる事なのです。その頃は、タラの芽の芽吹きが始まる時で、その芽を採らないと仕事にならない事なのです。今予定している営業開始は4月29日と考えていますが、思った通りの芽吹きになってくれるのかでしょうか?。写真は、一昨日の赤沢です。今年は雪が少なく、3月末には雪解けしてしまいそうな量ですから、山菜の芽吹きも早い様な気もしています。何処を工事するのか第五駐車場に重機が置いて有ったのですが、大雪になっても除雪してくれそうで「赤沢へ行けない」と言う心配はしなくて済みそうです。もう一枚は、氷柱です。赤沢川は凍結していて流れも見えなくなっていますが、流れ込む沢も水量がなく、今年は氷柱の成長が見られません。今日の日捲りは「心は二つ身は一つ」です。

Posted by kyorai at 7:49:47

2019/02/11 (月)

寒波にはならず

朝7時 -2.1度 曇り(あげまつ)。赤沢-5.8度。どんよりした黒雲が空を覆っていて、今にも何かが降り出しそうな空模様です。今日は大阪など太平洋側で⛄マークが出ていたけど、今度は関西の子供たちに雪のプレゼントなのでしょうか?。写真は、御嶽山です。久し振りに御嶽を眺める事が出来ました。今年は違う谷間での作業でしたから、赤沢へも久し振りなんです。相変わらず雄大な姿を見せてくれていていますね。もう一枚は、赤沢街道です。雪も少なく一見気楽な道に見えていますが、とんでもなく危険な道だったのです。薄っすら雪が積もっていたのですが、その下が凍結した氷になっていて「ツルツル」滑る事!!。もう少し積雪してくれていればタイヤもグリップしてくれるのですが、少な過ぎて全くグリップしてくれないのです。いくらゆっくり走行でも30分あれば到着出来るのに、50分も掛かての到着には肩は凝るし心臓に悪い散歩になってしまいました。実は帰り道「ノロノロ走行」をしていたら、「スーッ」と滑り出して我がスーパーカーが横向きになり、笑うしかありませんでした。今日は屋根のタキロンを持ちに行こうと思ってるのですが、余り気乗りがしていません。今日の日捲りは「ローマは一日にして成らず」です。

Posted by kyorai at 7:56:33

2019/02/10 (日)

普通の寒さです

朝7時 -4.1度 晴れ(上松)。赤沢-8.8度。少しですが、寒さのきつく感じる朝になっています。北海道では氷点下30度以下になったみたいで、NEWSのトップ記事になっていました。東京でも雪の積もった所があったみたいで、子供の喜ぶ姿が微笑ましく写されていて、この冬一番嬉しいプレゼントだったかもしれません。写真は昨日の気温と駒ケ岳です。10時頃通過した時、駒には雪雲が掛かっていて気温も0度と降雪を覚悟したのですが、その後気温が上昇して雪も降る事なく夕方までプラス気温だったのです。もう少し低い気温を想像していたのですが、普通の冬の気温になっています。もう一枚は、さわらです。チョコのお父さんが倒してくれたさわらで、是を板に割ってから3㎝位の焚き付けに割るのです。薪ストーブの焚き付けに最適な針葉樹なんです。本人はヒノキと思っていた様ですが、見るとさわらでした。この針葉樹の大変な事は、枝の部分が簡単に割れなくて苦労するのです。特にさわらは枝が4方向にあるから、ヒノキの倍の労力が必要なんです。でも、この焚き付けは無くてはならないものなんです。今日の日捲りは「勤勉は成功の母」です。

Posted by kyorai at 8:06:58

2019/02/09 (土)

普通の冬の朝です

朝7時 -2.3度 曇り(あげまつ)。赤沢-5.9度。寒波はこれからやって来るのか、今はまだ普通の冬の寒さです。でも、最近の報道は少々大袈裟だから、此の侭かも知れませんね?。兎に角、都心に「雪」が降りそうになると、耳を覆いたくなる様な表現に、つい「都心でもそんな感じなら木曽はどんな事になるのか」不安になってしまいます。今回はどんな事になるのでしょうか?。写真は、陶仙房すぐり店です。昨日は仲良し三姉妹で義弟夫婦を訪ねました。カメラを渡して写真を頼んだのですが、店の写真より家族の顔写真が多くて、流石にそれは載せるに堪えられません(笑)。義弟が「昨年は 多くの去来荘のお客様にお越し頂き」と感謝していた様です。もう一枚は、凍み大根です。裏庭に沢山の凍み大根が干してあり、春に定食にするのか自分用なのか、頑張っている様です。私は子供の頃のトラウマなのか、凍み大根が旨い食べ物の記憶がなく、以来口にした事がないのです。この歳になれば・・・美味しく食べられるかも知れませんね。今日の日捲りは「教うるは学ぶの半ば」です。

Posted by kyorai at 7:52:25

2019/02/08 (金)

寒波の襲来とか?

朝7時 +0.2度 晴れ(あげまつ)。赤沢-4.0度。今日から数日間強烈な寒波に襲われると予報されていますが、さてどんな寒さになるのでしょうか?。薪集めも、チョコ君のお父さんのお陰で何とか入手出来、後は割って薪小屋に積むだけになりました。今年はゴルフ場に断られて四面楚歌だったのですが、「必要なら切ってやるぞ」の一言は、絶望の淵から這い上がった感じです。しかも「乾燥薪」迄頂き、お礼の言葉が浮かびません。昨日はその薪小屋に松を割った薪が大量に出て来て「これ要るかよ」「色々言えないけど 松は駄目だよ」「でも 陶仙房で陶器を焼く時に欲しいかも知れないから聞いてみるよ」と連絡をしたところ「是非に」。蓼科から持ちに来る様です。薪の需要が増えている昨今、年々入手が困難になりそうです。写真は、昨日の駒ケ岳です。10時に気温が5度だったのですが、その後10度まで上昇して雨まで降って来たのです。この時期の10度は、先が思い遣られます。もう一枚は、豆乳鍋です。具材は、小松菜と白菜と葱 豆腐それと薄切り豚肉少々です。我が家の食卓から牛乳が消えて、成分無調整豆乳になっています。毎朝納豆を食べるのですが、醤油の代わりに黒酢なんです。健康志向ではないのですが、大豆製品を多く摂る事を心掛けている様です。今日の日捲りは「七転び八起き」です。

Posted by kyorai at 8:02:27

2019/02/07 (木)

立春も過ぎて

朝7時 -2.1度 晴れ(上松)。赤沢-7.2度。三寒四温になっているのか、寒さと暖かさが交互にやって来てる気がします。立春を過ぎたとは言えまだ2月、少し早い様な気もしますが?。しかし連続で雨になっているし、雪も混じるのですが、この時期の雨は滅多にはお目に掛かる事はないのです。写真は、家から見える台ヶ峰です。雨に煙っていて、2月の景色とは思えない雪のない山です。もう一枚は、薪小屋です。チョコのお父さんの薪小屋ですが、この量の薪がカメラを構えている右横にもあって、5年分の薪を確保してあるのです。昨日も軽トラ一杯頂いて来たのですが、「今年新しく割る分の場所を空ける」と言うのですから羨ましい限りです。私なら今年の薪割は休憩して、その分遊び回りますが。性格と言うのか、頂いた薪はきっちり寸法通りで、我が家の薪小屋に積み上げても飛び出したりせず奇麗に積み上がるのです。おばさんは「こんなにも性格って違うんだね」と一言・・・「悪かったね」。今日の日捲りは「為せば成る為さねば成らぬ何事も」です。

Posted by kyorai at 8:03:25

2019/02/06 (水)

雨?雪?

朝8時 -0.1度 曇り(あげまつ)。赤沢-4.0度。予報は「雨」になっていたけど、「雪」の匂いがします?。写真は、昨日の駒ケ岳と気温です。午後の3時に通過したのですが、気温も10度と高く写真を撮りながら「まさか?」と疑ったくらいです。NEWSでは一昨日の都会の気温が20度近くなって昨日は一変して10度を切ったとかで、街を行く人にマイクを向けると、皆さん口を揃えて「この寒さ困ったものです」なんて言っていますが、一昨日の高い気温を「困ったもの」と言うべきで、今は冬ですからこの位の気温が正常な事を忘れてしまっている様です。もう一枚は、チョコ君です。昨日も「午後出ておいでや」とチョコのお父さんから電話が入り、出掛けてみると大量の乾燥薪を用意してくれてあったのです。「今年の分の場所を空けないといけんから」なのですが、2年目の乾燥薪を「持って行け」は簡単には言えない事で、嬉しいやら怖い様な変な気持ちなんです。「もう少し出して置くからな」と言われて、今日も出掛ける積りですが。今日の日捲りは「運は天にあり」です。

Posted by kyorai at 8:23:37


(c) 2005-2015 去来荘