2019/04/25 (木)

木曽は春爛漫です

Filed under: blog — kyorai @ 6:59:05

朝6時 9.9度 曇り。一日降り続いた雨も上がってくれたけど、どんより曇り空です。林鉄や駐車場のおじさん達も、開園目指し急ピッチの作業を続けています。駐車場の人達は皆同級生?に近い人達ばかりで「あんまり無理するなよな」と言えば「お前もな」の返事が返って来ます。冬の間毎日「ごろごろ」していて奥さんに嫌味でも言われていたのか、やたらと明るいのには驚きです(笑)。お互い老体に鞭打ちながら、半年頑張りましょう。写真は、赤沢街道入り口です。日々色変わりしていて、最高の早春の色になっています。もう一枚は、上松の春です。昨日は仕入れで下ったのですが、引っ越しした時には桜が咲き始めていたけど、今は花桃やヤマブキも咲き始めていて、春爛漫になっていました。早い春より連休近くになっての方が、嬉しさも倍増では?。今日の日捲りは「怒りは敵と思え」です。

2019/04/24 (水)

花粉とワセリン!!!

Filed under: blog — kyorai @ 6:44:52

朝6時 8.6度 雨。雨と書いた日がいつなのか調べたら、12日に霧雨でしたから、12日振りの雨の朝です。最近花粉が飛散していて、通路やテラスのテーブルが数時間で白くなっているから、この雨が綺麗に流してくれる事でしょう。そうそう、以前に書いた「ワセリン」ですが、見浦さんに先日会った時、鼻声も顔の赤みもなくなっていて、「手放せません 効き目最高です!」と、満面の笑顔だったのです。このワセリンは即効性ですから、鼻に塗った瞬間から変化を感じる様です。赤沢はヒノキの花粉が飛んでいますが「ワセリン」で撃退出来ますから、気楽にお出掛け下さい。写真は、布団乾燥です。ふっくらした布団になってくれ、押し入れに収まりました。もう一枚は、陶器の陳列です。陶仙房のスタッフKさんが届けてくれ、自分で丁寧に飾っていました。冬の間色々模索しながらの作品です、来荘の際に手に取ってあげて下さい。今日の日捲りは「石の上にも三年」です。

2019/04/23 (火)

寒暖の差が

Filed under: blog — kyorai @ 7:01:19

朝6時 2.3度 晴れ。気温はプラスですが、空気の冷たさは氷点下の様です。「水道の蛇口が凍結してるのではないか」と、恐る恐る蛇口を捻りました。朝はこんな気温ですが、昨日の日中は21度まで気温が上がり、暑い位でした。今日は布団乾燥が予定されていて、この作業の進行状況を見ながらの、大掃除なんです。煤払い等の高い場所は終わっていて、布団乾燥が終わりカバーを掛けて押入れに収めてくれた後、部屋の掃除なんです。布団も「ふっかり」脹らみ殺菌も出来て、準備完了となります。写真は、残雪です。去来荘の裏には、少しですが雪が残っています。名古屋の乾燥業者さんだから、驚くでしょうね。もう一枚は、今の去来荘周辺です。まだ芽吹きが始まっていない為、駐車場まで見えていますが、5月半ばには芽吹いて見通せなくなる事でしょう。今日の日捲りは「沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり」です。

2019/04/22 (月)

今朝は7度です!

Filed under: blog — kyorai @ 7:07:14

朝6時 7.1度 曇り。昨日が0度で一昨日が-1度そして今朝は7度なんて、赤沢は今が三寒四温なのでしょうか?。昨日の日中は15度まで気温が上がったのですが、曇りの一日で空気は冷たく感じ、如何にも赤沢の様でした。写真は、山葵の葉と水芭蕉です。山水が通水出来て3日、生け簀の水が流れ出したら山葵と水芭蕉が目を出し始めたのです。この生命力の強さに、毎年驚かせれるのです。水を得た魚の様に、この草花も水がなくてはならない植物なのですね。もう一枚は、雲と春霞に煙る御嶽です。午後蕗の薹を探しに山に入ったら、霞と雲で同化した御嶽が、微かに見えていました。TVの前でぐうたらしていた親父ですが、是から半年大自然の中での生活が始まります。今日の日捲りは「親しき中にも礼儀あり」です。

2019/04/21 (日)

寒さに震えながら

Filed under: blog — kyorai @ 6:42:57

朝6時 +0.25度 晴れ 赤沢。赤沢住民になって、初日の朝です。正直言って「寒い」です。上松では、引っ越す前頃にはストーブを焚かなくても良かったけれど、赤沢では目覚めたら顔を洗う前に、先ずストーブに点火です。上松では鴬や雉の鳴き声で目覚めたのですが、赤沢ではなんとカラスの鳴き声でした。もう少し気温が上がれば、鴬やシジュウカラも囀り始めるのでしょうが、まだこの時間寒過ぎかも知れません。写真は、昨日の夕暮れです。この景色は、此処に居ないと見られないものですね。もう一枚は、赤沢でのお月見です。ヒノキの間に浮かぶ月も此処に居ないと見られないのです。なにもない なにもしない ただそこにいる でしょうか。赤沢で、半年の生活の始まりです。今日の日捲りは「知る者は言わず言う者は知らず」です。

2019/04/20 (土)

お引越しです

Filed under: blog — kyorai @ 7:26:05

朝7時 +3.4度 晴れ(上松)。赤沢-1.6度。赤沢は、再び氷点下になっています。「もういいだろう」と、水道の逃げ水をしてないけど「大丈夫だろうか?」。兎に角気温の上下が激しくて、日中暖か過ぎて氷点下になる事などつい忘れてしまいます。今日はお引越しですが、やっと暖かくなった上松から、まだ氷点下になる赤沢への引っ越しは、誰でも躊躇してしまいますよね。写真は、平成最後の満月です。日中は雲が多くて見られないと諦めていたのですが、夜には「くっきり」浮かんでくれました。もう一枚は、タムシバです。今年は寒くて遅れていたのですが、やっとでしかも一斉に開花しました。一昨日もこの斜面を写したのですが、少し色付いてただけで載せませんでした。一日でこの色付きです。霜に負けずに、いつまでも淡い白を見せて欲しい物です。今日の日捲りは「急ぎの文は静かに書け」です。

2019/04/19 (金)

そろそろ引っ越し

Filed under: blog — kyorai @ 7:06:02

朝6時 10.1度 曇り(上松)。赤沢4.2度。ここ数日鶯の鳴き声と一緒に、雉の声も聞こえています。「ケンケン 雉も鳴かずば撃たれまい」の如く、大きな鳴き声が居場所を教えています。いよいよ明日は、赤沢への引っ越しです。見納めに平成最後の満月を眺めようと思っているのですが、この空模様では見せてはくれそうもありません?。何でもかんでも「平成最後」を付けるのは気持ちが悪いけど、全てがそうなるから楽しむ事にしましょうか。最近平成天皇の報道が多く見られますが、昭和生まれの私達の思い出は昭和の時代が多くても、天皇は平成天皇の印象が強いのが不思議です。写真は、桜です。上松でも開花し始めていて、やっとで雪から花に話題が変わるのでしょう。今日の日捲りは「意思のある所には道がある」です。



(c) 2005-2015 去来荘